Posted on

皆さんこんにちは。

京都市北区 円町近くにあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

今日も野球のピッティングにおけるヒントやコツになることをお伝えします。

 

 

今回は、「個性を活かす指導」というテーマでお話させていただきます。

 

 

基礎が出来てこその「個性」

 

「それぞれの選手に合わせた指導が必要だ」

「自分の特徴に合わせてプレーしなければいけない」

最近はこうしたことをよく言われるようになってきました。

 

一人一人に合わせた指導がベストだと。

 

私もこの考え方には賛成です。

 

テイクバックの方法、軸足の使い方など、プロの選手でも一人一人違っていて、にも関わらずどの選手もレベルの高いパフォーマンスをすることから考えても 正解は1つではない! ことが分かります。

 

しかし、

個々に合わせた指導をするべきなのはあくまでも、基礎的な体の使い方ができている選手に限ります!

基礎ができていないのに、フォームの改善に取り組んだところで上手くいきません。

自転車に乗れないのに、BMXの練習をしているようなものです。

 

 

このように段階を踏んだ指導が必要になります。

step1とstep2が基礎的な体の使い方の部分ですが、

この部分を徹底して取り組むことが非常に大切で、長期的に見てもその後の野球人生に大きく響いてきます。

 

他人とは違う個性が出てくるのは、主にフォームの部分でしょう。

「一人一人に合わせた指導をしなければ」と思い、いきなりstep3のフォームの改善にとりかかってしまうと、余計にバランスを崩したり痛みが出たりすることもあります。

この原因は、一番大事な基礎的な体の使い方ができていないことにあります。

 

例えば、柔軟性がなかったり、重心移動がうまくできていなければ、肘下がりの肘は上がりません。

なのに無理してあげようとすることで痛みが出てしまう場合もあります。

こうした状況でまず取り組むべきはフィジカル、体の使い方の改善です。

 

 

基礎ができていないと、

小学生、中学生の時は地元でエースでも、歳を重ねるにつれて他の選手に追い付かれたり通用しなかったり、ピッチャーとしての成長が止まってしまうことも。

逆に言えば、体が小さくてなかなか周りに勝てない選手でも、基礎的な体の使い方を徹底して身に付けていくことで将来トッププレイヤーになれる可能性だってあるんです。

それくらい、基礎が大事ということです。

 

 

 

主観と客観のズレを修正する

 

また、選手本人が頭で考えていることと実際の動きとのズレを見逃さないようにしましょう。

本人が考えている主観と周りから見た客観は異なる場合があります。

 

見た目は問題なく動けていても、本人は「違和感がある」と感じていたり、

逆に明らかに問題があるのに本人は自覚していないこともあります。

選手自身がどう感じているのか、その視点を持つことも大切です。

 

 

ただ、「言葉」に惑わされないように注意が必要です。

たとえば、あるプロ野球選手が「軸足の意識は持っていません」という発言をしていたとします。けれど、それはその選手がすでに無意識に上手く使えているからである場合があります。

にもかかわらず、それを聞いた選手が「軸足の意識はいらないんだ」と思ってしまったら練習する必要性を感じないため、軸足が使えないままになってしまいます。

 

言葉のとらえ方には注意が必要です。

大切なのは「使えるか・使えないか」であって、「使う・使わない」の判断ではないのです。

 

 

 

基礎を固めればもっと伸びる

 

あなたは今、100%の力を出せていますか?

 

「自分はこういう投げ方だから」と限界を作っていませんか?

 

いくらフォームを改善しても球速が上がらない、力のあるボールが投げれないという選手でも、

体重移動や下半身の使い方など基礎的な体の使い方ができればもっと成長できます。

そこが出来ているか出来ていないかを知ることが第一歩です。

 

 

 

 


動画でも詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。