Posted on

みなさんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

 

今回も野球の動作におけるヒントやコツになるようなことをお伝えしていきたいとおもいます。

 

今回のテーマは下半身を使うということの本当の意味です。

 

野球の指導で「下半身を使え」と言われることは多いと思います。

 

ただ、そう言われても実際に下半身を使うとはどういうことなのか?どういう感覚なのか?

 

を理解できていない人も多いと思います。

 

私自身も学生の頃はそうでした。

 

今現在、選手とか子供たちを見ていても、それをうまく理解していないせいで、動作がちぐはぐになってしまっているというケースがとてもたくさんあります。

 

そこで今回は、「半身を使う」ということの本質をご紹介します。

 

ぜひ理解していただいてスキルアップにつなげて頂ければと思います。

 

 

下半身を使う練習とは?

 

ここで一つです皆さんに質問です。

 

例えば連続ティーバッティング(以下「連ティー」)で、下半身を固定して下半身を動かさずに手だけで打つ練習ありますよね。

 

あと 両足をそろえて正面向いて上半身だけで投げるっていう練習。

 

この練習は上半身を使う練習でしょうか?

 

実は この練習、両者とも動かしているのは上半身ですが、これらは下半身を使うための練習です。

一見動いているのは上半身だけなので、上半身の練習だと思われがちですが、下半身がちゃんと使えていないとこの練習うまくいきません。

 

「下半身を使う」とは「下半身を固定する」ということ

 

ここが今回のお話のポイントです。

 

下半身を使うということは、下半身を動かすということではないということです。

 

下半身を使うっていう意味の本質は、

 

・しっかりと下半身を固定する

・下半身で支点を作る

・下半身を安定させる

 

ということです。

 

例えば連ティーで、体がぶれている選手やグラグラしながら打つ選手は下半身が使えていません。

 

実際にやってみるとわかるのですが、例えば腰も一緒に回して打つのと、腰を回さずに踏ん張って打つのとでどちらが力が入りますか?

 

両足揃えて足を動かさずにボール投げる時に、腰を一緒に回転させて腕を振るのと、腰から下を回転させずに踏ん張って投げるのとではどっちが踏ん張れますか?

 

腰から下を動かさない方が踏ん張ってるんで、下半身を使っていることになります。

 

 

下半身で支点を作る

 

下半身が使えているということは、下半身に「支点」ができているということです。

 

野球の動作はてこの原理と一緒なので、力点支点作用点が作られることでうまく動作が遂行されます。

 

この支点になってくるのが下半身です。

 

テコを想像してもらったらわかると思うんですけども、支点がグラグラしたらうまく力を伝えることができません。

 

この支点がしっかり固定されることで、力を発揮したときにボールに力が伝わるということです。

 

 

こんな練習をしましょう!

 

結論から言うと、動作時にしっかりと下半身を固定して使えれるか?というのがポイントになってきます。

 

連続ティーバッティング

 

バッティングの練習では、連ティーでしっかり下半身を固定した状態でボールをインパクトする練習はすごく良いと思います。

 

下半身が使えてない選手ほど、連続で打とうとすると体がグラグラしたり、ミートできなかったりします。

 

 

正面向いてのスローイング

 

投げる練習は、正面を向いて両足を固定して、腰から下を動かさずに上半身だけで投げる。

 

この時に下半身や体幹がうまく使えている選手は体の「軸」がぶれないです。

 

腰が抜ける、腰が引ける、体が横にねじれるような投げ方をしている選手は下半身を使ってうまく踏ん張れません。

 

 

片足スナップスロー

 

私がよく子どもたちに教えるのが片足でのスナップスローです。

 

片足でボールを投げる時に、下半身や体幹を使えている選手はこのときも体の軸がぶれません。

 

例えば、体がお辞儀するように前に倒れ腰が引けるとボールに力が伝わりません。

 

または体が斜めにねじれたり、横に傾くのもよくありません。

 

体の軸がグラグラしないようにボールを投げると、足で踏ん張る感覚が分かります。

 

これこそ下半身を使う感覚なんですね。

 

 

 

うまい野手を見てみよう

 

例えば内野手なんか見てるそうなんですけど、上手い人は体がねじれたりというのはありません。

 

うまい内野手ほど、体の軸をまっすぐに保った状態でスナップスローをしているのがわかると思います。

 

 

まとめ

 

下半身を使うってことは、しっかり固定して使う、安定させて使うということです。

 

実際の動作は勢いをつけて行うので(もしくは助走をつけて)下半身が完全に固定されることはありません。

 

しかし、体の使い方としてはそういう使い方をするということです。

 

イメージと実際の動作の違いのことを「他覚と自覚」というのですが、詳しくはピッチングラボのHPでも紹介しているのでご覧ください。

 

ぜひ、下半身を使うということの本当の意味を理解して、スキルアップに繋げていただければと思います。

動画でも解説しいます。ぜひご覧ください。

 

 


ご質問やご要望などは公式LINEアカウントからお気軽にお問い合わせください。

【LINEでのお問い合わせはこちらをクリック】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。