Posted on

みなさんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

 

今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

 

今回のテーマはクイックモーションのコツです。

 

クイックモーションの体の使い方というのは、投球だけでなくバッティングや走塁など、その他の動作にも活きてくるのでぜひ練習してみて下さい。

 

クイックモーションが苦手な理由は2つ

 

1つ目の原因:軸足の使い方

 

簡潔に言うと、軸足で力を伝えるパワーポジションがうまくできないとクイックスローはうまくできません。

 

パワーポジションとは、一番力が入る股関節や足のポジションのこと。足の踏ん張りがきくポジションともいえるでしょう。

 

一番力を伝えやすい軸足のポジションというのは、股関節に体重が乗る瞬間です。

 

パワーポジションを作るコツは、ひざの向きと足先の向きをそろえてあげること。

 

また、軸足の膝がつま先よりもあまり前に出ないポジションです。

 

膝がつま先より前に出てしまうと、前に力を伝えにくくなってしまいます。

 

つまり、ひざの関節の角度と股関節の角度が大体同じになって、膝がつま先より前に出ないというのがポイントです。

 

ジャンプ動作をしてもらうと非常にわかりやすいんですが、ジャンプって力を上に伝えた

いわけですよね?

 

上に力を伝えたければ、しゃがみますよね?この動作が一番力が入るわけですね。

 

 

ではこの動作の時に、膝の向きや股関節の向きはどうなっているのかというと、大体の場合写真のようになっています。

 

なぜなら、これが一番力を伝えやすいから。

 

 

 

例えば投げる時に写真のように軸足の股関節が伸び切って投げてしまう人というのは軸足の使い方が良くないんです。

 

 

軸足の股関節が伸び切るとパワーポジションをうまく作れず、力がうまく伝わりません。

 

なのでクイックの時は構えている時から、その股関節の角度のイメージを持って次のモーションに移行する。股関節の形を変えずにそのまま移動していくということです。

 

 

2つ目の原因:ガードの足

 

クイックモーションのクイックとは早く投げたい、早く投球方向に体重を移動したいということです。

 

どうすれば早く前に体重移動ができるのかということなんですが、クイック動作が苦手な方をみてるとすごくわかりやすくて、投球方向に体重移動したいのに、軸足に沢山体重を乗せようとしてしまうんです。

 

この時点で、クイックというのは早くできないです。

 

軸足にあまり体重を乗せるイメージを持たない

 

というのがコツなんです。

 

足を開いて立ってもらうとわかりやすいんですが、普通に立ってもらうと両足に体重が乗っています。左右に半分半分ですね。

 

足を広げることで、この状態での床反力というのは上で、なおかつ内側なんです。

 

足が外に床を押しているので、返ってくる力は上かつ内側なんです。

 

内側の力が体に加わっているんですね。

 

では、この瞬間に左投の人の右足が一瞬で無くなったとしたらどうなるかイメージしてみて下さい。

 

右足が一瞬で無くなったら、力というのは内側に加わっているので、左から右への力だけになります。

 

そうすると一瞬で体重は絶対に右に移動します。

 

これがクイックモーションを早くするための最大のポイントなんです。

 

クイックモーションを早くする実践の方法

 

クイックモーションが苦手な方は足の幅は人それぞれでいいんですが、一度後ろの足(軸足)に体重を乗せて力を溜めるような動作を取ってみて下さい。

 

軸足の使い方が苦手な方はワンモーション遅れてクイックの形を作るという風になってしまうんですが、

 

最初からしっかりと力の入るパワーポジションを作ってある、力が入りやすいっていうのを作っておけば前足をちょっと上げるだけで体重は前に移動します。

 

この力を利用すると少し足を上げて投げるというような速い動作ができます。

 

この時に体重移動するという意識を持たなくても、前の足を上にすっと上げるだけで動作というのは早くできます。

 

後ろの足に一度体重を乗せるという意識を持たない。

 

写真のような形が崩れないようにモーションを取ってしまえば、次の動作は早くできます。

 

そんなに難しいことではないのでぜひ練習してみて下さい。

 

クイック動作を速くしようと思うなら、しっかりと力が入る軸足のポジションを作ってもらって、前足を抜くだけ、もしくはちょっと足を上げるだけ。

 

この簡単な練習だけで、クイック動作はものすごく速くなるのでぜひやってみてください!

 

まとめ

 

今回は「クイックがうまくいかない」理由と練習法についてご紹介しました。

 

この動作はバッティングや盗塁にも活きてくるものすごく大事なポイントです。

 

動画ではさらにわかりやすくご紹介していますので、ぜひそちらもご参考になさってください。

 

 


ご質問やご要望などは公式LINEアカウントからお気軽にお問い合わせください。

【LINEでのお問い合わせはこちらをクリック】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。