Posted on

皆さんこんにちは。

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です

 

今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

 

今回のテーマは、「なぜやり投げがピッチングに有効なのか」についてです。

 

最近よく見たり、聞いたりするようになりました、ピッチングの練習方法に「ジャベリックスロー」を活用するというものがあります。

 

ジャベリックスローは小中学生版の投擲種目です。やり投げのジュニア版といったところでしょうか。

 

そのやり投げが広まってきた理由の一つにオリックスの山本由伸投手が紹介していたということがあります。

 

当院に来られる大学生や社会人の方も、それを取り入れて練習されていて、いろんな学校やチームでも使っているようです。

 

私もやり投げは非常にいいのではないかと思っています。

 

過去のYouTubeの動画でもやり投げや砲丸投げの練習をおススメしていました。

 

今回やり投げに対して思う意見はあくまでも私個人の意見です。山本選手がなぜジャベリックスローを使っているのか真意はわかりません。

 

そこはご理解ください。

 

 

山本由伸投手の興味深い話

 

私も理由が知りたかったので、沢山調べてインタビュー動画等も見ていたのですが、明確な理由はわかりませんでした。

 

しかし一つ気になったワードがありまして、それが「肘を使わない」とおっしゃったことです。

 

野球の指導の現場ではよく「肘を使って投げろ」「腕をしなやかに投げろ」と言われることがあります。

 

肘を使わないって、それとは真逆の発言ですよね。

 

ただ私はこの「肘を使わないとい」う言葉には大変共感できます。

 

 

山本由伸投手の「肘を使わない」の真意とは? ー私の考察ー

 

私の「肘を使わない」に対する考えは、「肘、肩を支点にして投げない」ということです。

 

逆に言うと、股関節や胸郭を支点にして投げるべきだと思っています。

 

肘を使わないで投げる=全身を使って投げる(股関節や胸郭を支点にして投げる)

 

この股関節や胸郭を使って投げる感覚を身に着けるために、やり投げはが非常に有効的です。

 

当然やり投げと野球の投げ方は見た目も違いますよね。

 

道具や目的が違えば、投げ方も違って当然です。

 

投げ方を学ぶのではなく、股関節や胸郭を支点として投げる感覚、つまり体の使い方を学ぶのがやり投げを使った練習だと思っています。

 

 

ピッチングで肘、肩が支点になるとは

 

「支点になる」とはそこを軸にして動くということですね。

 

なぜ肩や肘を支点にするのが良くないのかというと、肩や肘を痛めやすくなり、また力も弱くなるからです。

 

 

ピッチングで股関節、胸郭が支点になるとは

 

肩が支点になる時は、写真の右手で抑えている肩の動きが大きくなります。

 

股関節が支点になると肩の動きは小さくなり、股関節から体幹、肩までが一体となって動きます。その動きの起点になるのが股関節です。

 

 

肩が支点
股関節が支点

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節が支点

 

また、上半身で考えると胸郭(みぞおち)のあたりが動きの支点になります。腕を後ろに引くときに、胸郭から動かすイメージです。

 

 

 

なぜ全身を使って投げるのが良いのか

 

その答えは簡単で、重たいものを動かす時に肩肘だけで動かすのと、全身を使うのとでは圧倒的に全身を使う方が強い力が生まれますよね。

 

肩肘だけで投げようとすると、力が元々弱いのに無理に動かそうとするので負担が掛かってしまい、痛めやすくなります。

 

 

まとめ

 

今回は、やり投げを練習に取り入れる理由、それを練習に取り入れている山本由伸投手の「肘を使わない」ということの意味の考察をご紹介しました。

 

私の意見ですが、まとめますと

 

・「肘を使わない」=「全身を使う」

・肩肘を支点にして投げると、痛めやすいし弱い力しか出ないので股関節、胸郭を支点にすることが大切

・股関節や胸郭を使って投げる感覚を身に着けるのに、ジャベリックスローは非常に有効的である

 

ということです。

 

加えてやり投げは重たいので肩肘だけでなく必然的に全身を使うようになるという利点もあります。

 

動画ではもう少しわかりやすくご説明していますので、ぜひこちらも参考になさってください!

 

 

ご覧いただきありがとうございました!!

 


ご質問やご要望などは公式LINEアカウントからお気軽にお問い合わせください。

【LINEでのお問い合わせはこちらをクリック】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。