Posted on

皆さんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

 

今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツをお伝えします。

 

今回のテーマは「お母さんでもできる小学生の投球指導」です!

 

いつもは子供を指導するお父さん向け、選手向けに情報発信をしています。

 

しかし今回は、「子供の手伝いをしたいけどわからない。。」そんなお母さんに向けてのお話です。

 

野球がまだよくわからない子供には、やはり大人のサポートが大切だと思います。

 

今回は難しい理屈、理論はなしで、この練習をすればうまくなるという方法をお話します。

 

この練習が上手にできるように頑張っていきましょう。

 

キャッチボールの時にお試しいただきたい3つの練習法

 

キャッチボールの練習は最初近い距離から初めてだんだん遠くしていきます。

 

今回は、近い距離で行う練習方法です!

 

1、両足をそろえて投げる

両足を投げる方向を向いて固定します。

軽く膝と腰を落とします。

下半身を動かさずに上半身だけでボールを投げます。

この時のコツは膝から下は動かさないということです。下半身が動きすぎたり、お尻が抜けないように注意しましょう!!体もなるべく起こした状態です。

これは下半身を使えるようにするための練習です。

 

2、片足で立って投げる

軸足を上げて、足は上げたままで、投げ終わったあとも足はつかないようにします。

これは反対も、両足行いましょう。

これも投げた後に体が斜めになったり、お尻が引けないように注意しましょう。

フラフラしないように下半身で体を安定させます。

軸を作る、体幹を使うことができるようになる練習法です。

 

この2つは5m、10mぐらいの近い距離でいいので、相手の胸に向かってしっかり投げましょう

 

3、軸足で3秒止まる

 

軸足で立って3秒ほど静止した後に普通に投げます。

3秒静止している時はグラグラしないように気を付けて下さい。

体が傾いたり、ねじれたりしないように体をまっすぐ立てておいてください。

この練習は投げる時にすごく大切なバランス感覚や安定感、タメを作る感覚が身に付きます。

タメを作ると、強いボールを投げたり強いボールをうつことができるようになります。

 

まとめ

 

今回は、お母さんでもできる小学生の投球指導、これを練習すれば野球がうまくなる3つの練習方法をお伝えしました。

 

この練習を上手にできるようになると、自然に投げることがうまくなります。

 

難しいことは考えず、この練習を上手になるようにする。

 

すると自然にお子様の投げる動作が良くなります。

 

この練習がうまくなると必ず普通に投げる時も上手くなります。

 

ぜひ試してみて下さい!!!

 

動画では実際にやりながら説明しています。更にわかりやすいと思いますので、ぜひ参考になさってください。

 

 


ご質問やご要望などは公式LINEアカウントからお気軽にお問い合わせください。

【LINEでのお問い合わせはこちらをクリック】

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。