Posted on

 

 

皆さんこんにちは。

 

京都市北区 円町近くにあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

 

 

 

 

以前、野手の方に「ファーストに送球するときに肘が下がってしまう」というお悩みをいただいたことがあります。

 

 

今回のブログでは、内野手の「送球時の肘下がり」についてお話していきます。

 

 

ボールを取ってから投げるまでの間で、

 

「肘が上がりきらない」と言われたことがある、

 

または、

 

送球までの間に「ボールを落としてしまう」

 

といった経験のある方はぜひ参考にしてください。

 

 

内野手の送球時の肘下がりはなぜ起こる?

 

まずはじめに、知っておいていただきたいことが、

投手と野手では肘下がりの原因が異なる、ということです。

 

 

投手の場合、

肘下がりの原因として、「早い開き」や「上半身の突っ込み」が考えられます。

 

それにより、肘が上がりきる前に身体が前に移動してしまうので、肘下がりの状態になってしまいます。

 

以前のブログで、投手の「早い開き」を改善する方法を書いていますので、

こちらもぜひご覧ください。

 

早い開き、伸びあがる癖のある人へ。コツをお伝えします。

プロ野球選手に学ぶ「軸足」の使い方

 

野手の肘下がりの原因

 

投手の場合、エネルギーを溜めてより強く投げるのが仕事ですが、

 

野手の場合、早く開いて早く投げるのが仕事です。

 

目的が変われば、「投げる」という動作自体も変わってきますよね?

 

 

投手の肘下がりの原因に「早い開き」がありましたが、

野手はむしろ早く開く必要があるので、原因は別のところにあります。

 

 

「1テンポの遅れ」が肘下がりの原因

 

 

野手の肘下がりの原因は「テンポの遅れ」、1テンポ投球が遅れるというところにあります。

 

捕球から送球までの間で、無駄な動きが1つあると考えてもらうと分かりやすいです。

 

 

良い選手の動き

 

上手な選手は、ボールを取った位置からグローブがあまり動きません。

 

その位置に自分の身体が寄っていくという感じです。

 

 

無駄な動きがなく、トップの位置まで最短距離でボールを持ってくることが出来ます。

 

 

 

 

「1テンポ遅れる」選手の動き

 

一方で、肘が下がってしまう選手は、

ボールを取った位置からグローブを自分の身体の方に寄せてきてしまいます。

 

スムーズな体重移動ができなくなり、

 

トップの位置にボールを持ってくる動作が1テンポ遅れてしまいます。

 

結果的に、肘が上がりきらないままリリースを迎えてしまうことになります。

 

 

野手の肘下がりを改善する

 

つまり、

ボールを取った位置を動かさず、自分の体を寄せていくような動きを身に付けることが出来れば、

肘がしっかりと上がってくるでしょう!

 

ぜひ、この意識を持って練習してみて下さい。

 

 

 

 

 

動画でも詳しく説明していますので、ご覧いただければと思います。

 

 

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 


ご質問やご要望などは公式LINEアカウントからお気軽にお問い合わせください。

【LINEでのお問い合わせはこちらをクリック】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。