Posted on

皆さんこんにちは。

 

京都市北区 円町近くにあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

 

今日も野球のピッティングにおけるヒントやコツになることをお伝えします。

 

 

 

 

よくご質問いただくことの一つとして、

 

 

 

「テイクバックで腕を後ろに引く動作は直した方がいいのか?」というものがあります。

 

 

 

 

 

今回は、その質問に対する私の考えをお話させていただきます。

 

 

 

腕を後ろに引く動作はアリか、ナシか

 

 

 

結論から言うと、

 

 

 

投球に悪影響がなければ、後ろに引いてもOK です。

 

 

 

なぜなら、腕を引くことでバランスを取っている場合があるからです。

 

 

 

例えば、骨格的な問題があげられます。

 

 

 

骨盤が後傾している場合

 

 

投球動作の中で、足を上げると骨盤が後傾しやすいことは実感できると思います。

 

 

 

そこから着地に向かっていく段階でも骨盤が前傾できない場合、

 

 

 

テイクバックで腕を後ろへ引くことで骨盤の前傾がしやすくなることがあります。

 

 

 

 

 

骨盤が後傾してしまうと、股関節が伸び上がってしまうのであまりよくありません。

 

 

 

 

 

そのため、骨盤が後傾しやすい方はあえて腕を引くことでバランスを取っている場合もあるんです。

 

 

 

猫背の場合

 

 

猫背の方は、背中が丸くなるとともに肩甲骨が前に倒れることになります。

 

 

 

背筋を伸ばした状態で肩を横から上げていく動作を、同じように猫背の状態で行うと、

 

 

 

腕を少し後ろに引きながら上げていく方が上げやすい気がしませんか?

 

 

 

 

これは、肩甲骨と上腕骨のつながりが最も良くなる角度だからです。

 

 

 

なので、テイクバックでは腕を引いた方が使いやすくなります。

 

 

 

 

このように、なんらかの「くせ」の代償動作としてバランスを取るために、

 

 

 

あえて腕を引いている場合は、問題なく行ってもいいと思います。

 

 

 

腕を引かない方がいい場合とは

 

 

 

ここまではテイクバックで腕を後ろに引いてもいいパターンの話をしてきましたが、

 

 

 

ここからは後ろに引く動きをやらないほうがいい、改善するべきなのはどんなときかという話をしていきます。

 

 

 

「体の開きが早い選手」「前足への体重移動が早い選手」は、腕が遅れてしまうことが多いです。

 

 

 

ただでさえ遅れやすいのにも関わらず、「腕を引く」動きをしてしまうと

 

 

 

さらに腕が遅れてしまうことになります。

 

 

 

このような場合は、テイクバックで腕を後ろに引く動きは改善した方がいいと思います。

 

 

 

ただ、本当に改善すべきなのは「開きの早さ」「体重移動の早さ」といった根本的なところです。

 

 

 

腕の動きなど小手先の部分に注目しても、さらにバランスが崩れてしまうこともあります。

 

 

 

土台となる「体重移動」などが上手くできてくれば、

 

 

 

自然と腕の動きも改善していることも多いんです。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

今回は、「テイクバックで腕を後ろに引く動作は直した方がいいのか?」ということについてお話しました。

 

 

 

大切なのは、どうしてその動作がおこったのか、を考えることです。

 

 

 

腕を引くことでバランスが取れているならそのままでいいということになります。

 

 

 

にもかかわらず、むりやり矯正しようとすることで

 

 

 

逆にバランスを崩してしまう場合もあるので注意しましょう。

 

 

 

自分自身の特性を知り、自分に合ったフォームを見つけていきましょう!

 

 

 

 

動画でも詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。