Posted on

みなさんこんにちは。

 

京都市北区にあります MORIピッチングラボ代表の 森洋人です。

 

今回のテーマは「球速があがらない一番の理由」です。

 

球速を上げたいというのはピッチャーにとって1番の望みですよね。

 

球速を上げるためにトレーニングや体の使い方、さまざまなことを試される方が多いと思います。

 

今回お伝えするポイントは、球速を上げるための根本的な問題です。

 

例えば筋トレや瞬発力を向上して、球速が上がる選手とそうでない選手がいますよね。

 

この違いって一体何なんでしょうか?

 

その答えというのが、実は球速が上がらない根本的な原因になるんです。

 

 

 

ピッチャーの球速があがらない一番の理由

 

結論から言うとそれは…

 

「骨盤の回転スピード」にあります。

 

これはとても大事なキーワードなので覚えてください。

 

腕だけの力だけではスピードは上がりません。

 

骨盤の回転スピードが速くなることで、それに続いて腕の振りも早くなります。

 

骨盤の回転スピードが上がらないのはなぜ?

 

骨盤の回転スピードが遅い人はある理由があります。

 

それは「骨盤が遠回りしている」ということです。

 

 

球速が上がらない理由「骨盤の遠回り」とは

 

まずはこの動画をご覧ください↓

こちらの動画は骨盤が遠回りしない練習方法です。

 

動画では骨盤に着目してください。

 

前足にブレーキをかけた瞬間に股関節が平行(左股関節が右股関節を追い越していない)になっています。

 

すると骨盤の回転が小さくなり、回転のスピードが上がります。

 

この動作が少し苦手な選手に実践していただきました。

 

それがこちらの動画です↓

 

左の股関節が右の股関節を追い越しているのが分かります。

 

これが骨盤が遠回りしているということです。

 

骨盤が遠回りしてしまうと骨盤の回転が遅くなるのです。

 

骨盤が遠回りしない動作ができるようになると、次の動画のように投げた後にすぐ戻ることができるようになります↓

 

 

これを骨盤が遠回りする選手に実践していただきました。すると投げてすぐ戻ることができません↓

 

これはなぜかというと、骨盤が遠回りして右の膝が前に抜けてしまうからです。

 

本来であれば踏み込んだ瞬間に股関節に支点ができます。

 

そして支点を中心に回転します。

 

 文章では少し理解しにくいと思いますので、詳しくはYouTubeの動画を御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。