Posted on

皆さんこんにちは 京都市北区にあります

 

MORIピッチングラボ代表の森です。

 

今回のテーマは「軸足の膝が地面を擦ってしまう原因と改善方法」についてです。

 

 

昔は膝を擦るくらい体重移動をした方がいいと言われていました。

 

これは半分本当で半分間違いです。

 

実際に体重移動がしっかりできていて結果的に膝を擦っていることもあります。

 

ただし現代のプロ野球をみていても膝が汚れている選手はほとんどいません。

 

体重移動ができていて膝を擦るケースは稀なことです。

 

 

 

膝を擦る原因は大きく分けて2つ

 

1.軸足の使い方の問題

 

体重移動をしていくときに大切なことは曲げた膝を伸ばすことです。

 

 

 

 

 

 

 

そうすることで、曲げた膝を伸ばすことでキャッチャー方向に大きく踏み出すことができます。

 

 

 

この動作ができていない選手が非常に多いです。

 

例えば体重移動のときに膝が落ちてしまうといったことです。

 

 

 

本来であれば体重移動の後半にかけて、膝が投球方向に回旋していきます。

 

膝が伸びる前に回旋してしまうと膝が落ちて擦ってしまいます。

 

つまり軸足の投球側への回転が早く起きるというこです。

 

 

 

 

2.踏み出し足の使い方

 

踏み出した足と軸足(後ろ足と前足)はバランスを保っています。

 

体が前にいく力と後ろにいく力が同じくらいで釣り合ってる(拮抗している)状態です。

 

両方の足は伸びているので、後ろ足(軸足)の膝が着くことはありません。

 

ところが、このときに前足の力が弱いと軸足はバランスを崩して膝は下に落ちてしまうのです。

 

 

 

こうやって改善してみよう!

 

かんたんな解決策を一つご紹介します。

 

軸足の太ももの内側を、前足が地面に接地するギリギリまでキャッチャーに向けておくことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踏み出した足の使い方としては、足をついた瞬間にしっかりと止めることです。

 

 

 

この軸足と踏み出し足の使い方が上手くなってくると、体が沈み込んで膝を擦ることがなくなってきます。

 

「膝を擦ってしまう」と気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

 

よければ動画も御覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。