Posted on

皆さんこんにちは!

京都市北区にあります MORIピッチングラボ 代表の森です。

 

今回も野球のピッチングにおけるヒントやコツになることをお伝えします。

 

今回のテーマは、イップスの原因と改善法です。

 

イップスの原因、要因の一つはメンタルの問題、もう一つはフィジカル(技術的な)問題というのもあります。

 

例えばデッドボール当てるとか、先輩が怖くて委縮してしまう。

 

これはメンタルの問題なんですが、長い期間この状態が続くと自分の投球フォームがわからなくなったりして、メンタルの問題から技術的な問題へ移行したりもします。

 

技術的な問題でいうとケガをしてしまったとか、成長期の身体の問題や技術不足など徐々に歯車が合わなくなっていって、思うように投げれない。

 

そうなってくると精神的にも追い詰められてしまう。

 

このように、フィジカルが入り口になる場合と、メンタルが入り口になる場合があります。

 

どちらにしてもフィジカルの問題は特に改善していかなければいけません。

 

体のどこがおかしくなって思うように投げれないのか?

 

まず、体の使い方の概念としてすごく大事なことがあります。

 

それは体の軸です。

 

身体の軸の動かし方というのは「2軸性」で動かしている場合と、「1軸性」で動かしている場合があります。

 

「1軸性」と「2軸性」の違い

「1軸性」で体を回転させるというのは、例えばフィギアスケートの回転など。

 

棒が1本あって、ただそこでぐるぐる回っているのを1軸性の動きといいます。

 

ただ、ほとんどのスポーツ種目において回転の力を他のエネルギーに変換したい。

 

回転の力を投げるという力に変換したい、蹴る、パンチする力に変換したいというほとんどの場合は「2軸性」の身体の使い方になってきます。

 

イップスになる選手は?

 

イップスになる選手は多くの場合この「2軸性」の身体の使い方ができなくなっているんです。

 

元からできないのではなく、精神的、技術的なものをきっかけにもともとできていたのに徐々にできなくなるケースがあります。

 

しかし、このズレを自分では修正できないんです。

 

イップスの選手は、「1軸性」の回転になっている、「2軸性」を使えていないという問題があり、ここを修正していくことがイップスを技術面から改善していくのに非常に重要なポイントになります。

 

野球における「2軸性」の使い方

 

最初に言っておきますが、これはあくまでも私の考え方です。

 

体の軸はどこにあるのかというと、肩と股関節です。左右両方にそれぞれ軸があります。

 

例えば左足で立った時には左のから股関節肩に軸が通っています。

 

体重移動するときは、左に軸があったのが右足をつくと右の肩から股関節の軸も入ってきます。

 

わかりやすく言うと、「1軸」から始まって体重移動すると「2軸」になる。

 

この時、体の軸は2本あります。左から右へ、右から左へ軸が移っていくイメージです。

 

足をステップしてからの基本的な軸の動かし方としては、前足側の軸を中心とします。

 

股関節と肩に軸を作って(これを壁と表現してもいいかもしれません)その軸を中心に体を回転させていく。

 

これが野球における「2軸」の使い方です。

 

これがイップスになってしまう選手というのはうまく使えていないか、1本の軸になっていることが多いんですね。

 

1本の軸というのは体の中心に軸がある使い方を「1軸性」といい、もしくは左右どちらかの軸しか使えていない場合も「1軸性」の使い方と表現します。

 

1軸で回転すると支点ができず、ブレーキや壁を使えないんです。

 

左軸から右軸へ切り替わる時というのは、右軸を中心として左軸がグッと前に行くので、前の軸に支点ができて回転することができます。

 

真ん中に軸ができるとただ回るだけでブレーキが利かないので、エネルギーを発生させることができないんです。

 

バッティングの時でも、前に軸が移った時に前に体重をかけて体を回転させることで、ブレーキの利いた早いスイングになります。

 

これが真ん中の軸になってしまうと、ただそこで体を回すだけという風になってしまいます。

 

投球において軸が一本になってしまうというのは、わかりやすく言うと野球の経験のない女子のような「1軸性」あるいは「2軸性」を使えていない投げ方になります。

 

支点ができずブレーキをかけれないので、後ろの足が一緒についていってしまうんですね。

 

もしくは軸の移動ができなくなってしまうと、下半身は移動しているのに上半身が遅れてしまうんです。

 

ですのでイップスでお悩みの方は2本の軸を使えるようにする練習をしていただくことがイップスを技術面から改善していくために大事なポイントになります。

 

具体的な練習方法

 

具体的な練習方法は、私が以前にもYouTubeで上げているようなスナップスローの練習が必要です。

 

 

あの練習は、両方の軸で投げるために練習です。

 

片脚で立った時に、股関節と肩に軸ができます。そのままぶれないように投げる。

 

イップスにお悩みの方はぜひスナップスローの動画を参考にしてみて下さい。

 

そして今回の内容は動画でもわかりやすくご説明していますのでぜひ参考になさってください!

 


ご質問やご要望などは公式LINEアカウントからお気軽にお問い合わせください。

【LINEでのお問い合わせはこちらをクリック】

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。